画像解析ソフト

接触角計に付属する専用の画像解析ソフトウェア概要

※ 画像解析ソフトウェアは、すべての装置に梱包されます。

シンプルな操作性

解析ソフト画像

着滴した瞬間からのぬれ現象を画像で記録し、解析結果とグラフを表示します。

 

ライブビューモニターが測定手順を案内しますので、標準的な測定を、取扱説明書を見ることなく簡単に行えます。

 

日本人向けに日本人が最初から開発したソフトなので、細部まで作り込み、作業者の負担を減らす工夫を施しています。

自動で液量と着液判定を行い、解析まですべて自動。

装置とパソコンを交互に操作するという面倒な作業も不要で、マウスのみ操作ですませることが可能です。


ライブビューモニタによるリアルタイム表示

接触角計本体のカメラが映像をリアルタイムで処理し、常に現在の液量、接触角または界面張力を同時に表示します。

針先など画像の焦点調整も画面上にフォーカスマークを表示を行い、状況に応じたメッセージが常に画面上に表示されますので、装置の操作はメッセージに従うだけで簡単に行なえます。

測定時の設定不要

測定したいサンプルは、経時変化する?経時変化しない・・・?

測定パラメータ設定で悩まずに、まず測定してください。

標準設定で全ての測定を数秒間記録します。

グラフで平衡状態までの経過時間が判断でき、また従来の静的測定結果と同様にn秒後のデータだけを表示することもできます。

設定不要画面キャプチャー

経時変化取り込み画像

経時変化測定と静的測定を切り分けずにデータを取り、あとから必要な情報に切り替えることで、効率的にデータを扱うことができます。


着液時の画像も自動解析

着液した瞬間からの画像を自動的に取り込み開始するため、着液した瞬間からの接触角をあとから確認できます。

接触角だけでなく、着液量なども自動的に画像解析して検証可能です。

※ ME2を除く