測定事例(静的接触角)

測定事例1

凸形状のサンプルに対する接触角測定事例

凸形状ワークの接触角測定画像

凸レンズやコンタクトレンズなど、凸曲面に対する接触角測定事例です。

接液画像を取り込み後、接液面を曲率補正をかけることにより、凸表面での接触角を測定する事が可能です。

 

凹曲面でも同様に測定できます。

 

使用機種:B100

凸形状ワーク_光学レンズ
凸形状ワーク_コンタクトレンズ

測定事例2

ワイヤー状の細い線上での接触角測定事例

毛髪サンプル

ワイヤー状の細い線の上での接触角測定事例です。

両面テープなどを使用してワークを固定すれば

測定は可能です。

ワイヤー状ワークのマイクロスコープ拡大画像

ワークをマイクロスコープにて撮影。

ワーク  : 毛髪(太さ110μm)

使用機種 : B100

着液量  : 0.21μℓ

針    : 30G

ワイヤー状ワークの接触角測定画像

測定事例3

超はっ水ワークの測定(人工物)

超撥水ワーク

サンプルの事例は、表面を超はっ水特殊加工したアルミの測定事例です。

 

測定液:精製水

着液量:1μℓ

接触角:約140°

 

着液後の接触角の経時変化は、ほとんどみられない為、ME2で測定が可能です。

揮発性の高い液体で測定する場合は、着液後の測定時間を一定にする必要があります。

超撥水ワークの接触角測定画像(接触角140°)

測定事例4

超はっ水ワークの測定(自然物)

蓮の花画像

サンプルの事例は、自然界で一番撥水性が高いと言われるハスの葉の接触角測定事例です。

 ハスの葉の表面の微細構造や化学的特性により水滴が少しの角度で転がり落ち、濡れることがありません。

この自浄的な性質は、ロータス効果(Lotus effect)と呼ばれています。

超撥水画像(ハスの葉)

測定液:精製水

着液量:1.53μℓ

接触角:約146°

 

非常に撥水力が高く、着液量を増やして重量をあげないと、うまくワークに付着しないため、通常より液量が多くなっています。一方、非常に撥水力があるため水の自重に押しつぶされることなく、146°といった大きい接触角が観察されます。

測定事例5

微細ワークへの接触角測定

微細ワーク(電子部品)

金属端子など、微細な部品の濡れ性測定事例です。

基板などの製造において、ハンダ付け不良は製品の歩留まり向上に大きく影響します。

ハンダ自体の濡れ性は、表面の汚染や酸化、フラックス不足などに依存し、定量的に分析する必要があります。

細めのシリンジ用針の使用と、着液量を少なくして測定を行います。

カメラレンズとバックライトの間に遮蔽物がないことが必須になります。

微細ワーク(電子部品)の接触角測定画像

測定事例6

吸水性のある材質に対する時系列観測事例

使用機種:B100
使用機種:B100

 

 

接触角計B100を用いれば、

最大1秒当たり60コマの撮影が可能です。

もちろん接触角も測定されますが、

吸水されていく過程の観察に用いることが可能です。

錠剤画像


測定事例7

凹形状のサンプルに対する接触角測定事例

凹状ワークの内壁接触角画像

凹状ワークの内壁の接触角測定事例。

凸状ワークと同じく下記画像の様に接液面を補正することにより、内壁の接触角を測定することが可能です。

凹状ワーク接触角測定画像

測定事例8

親水性の高いワークでの測定事例

親水処理を行った測定サンプル(アルミウム、ガラス)の測定事例です。

解析ソフトウェアでの自動測定のため、10°以下といった超親水性のサンプルでも、作業者に依存することなく測定が可能です。また、測定画像や着液量といったデータも同時に保存が可能なため、管理面でも作業者の負担を減らすことができます。

使用機種:B100、針:25G(標準付属品)、使用した液:一般の精製水

アルミ接触角7°画像
測定サンプル:アルミニウム、着液量:0.38μリットル

測定結果:接触角 7.15°

ガラス接触角2.5°画像
測定サンプル:ガラス、着液量:0.35μリットル

測定結果:接触角 2.54°


※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

測定事例9

シャーレ等の内側底面の接触角測定事例

シャーレなどの透明な器の内側底面の接触角測定事例です。透明な材質の場合、本事例の様に測定することが可能です。

細胞培養用途などシャーレ内壁の濡れ性改善などの定量化に利用できます。

シャーレ画像

凹状のワークの内壁接触角測定と同じく、CCDカメラ、ワーク(今回はシャーレ内壁)とLED光源の間に遮蔽物が無いことが測定の条件になります。

 

もし遮蔽物が存在する場合、上面からの測定する事により評価する方法もあります。

(該当機種:A110T

シャーレ底面接触角測定全体図
ステージへのシャーレの設置写真

場合によっては、シャーレ自身が映り込むため、底面の補正が必要な場合があります。

補正自体は、画像データを取り込んだ後でも可能ですので、測定自体をやり直す必要はありません。

シャーレ底面接触角測定画像