測定事例

測定事例1

凸形状のサンプルに対する接触角測定事例

凸レンズやコンタクトレンズなど、凸曲面に対する接触角測定事例です。

接液画像を取り込み後、曲率補正をかけることにより、凸表面での接触角を測定する事が可能です。

 

凹曲面でも同様に測定できます。

 

使用機種:B100


測定事例2

ワイヤー状の細い線上での接触角測定事例

ワイヤー状の細い線の上での接触角測定事例です。

両面テープなどを使用してワークを固定すれば

測定は可能です。

ワーク  : 毛髪(太さ110μm)

使用機種 : B100

着液量  : 0.21μℓ

針    : 30G

測定事例3

超はっ水ワークの測定

サンプルの事例は、表面を超はっ水特殊加工したアルミの測定事例です。

 

測定液:精製水

着液量:1μℓ

接触角:約140°

 

着液後の接触角の経時変化は、ほとんどみられない為、ME2で測定が可能です。

揮発性の高い液体で測定する場合は、着液後の測定時間を一定にする必要があります。

測定事例4

微細ワークへの接触角測定

 

金属端子など、微細な部品の濡れ性測定事例です。

細めのシリンジ用針の使用と、着液量を少なくして測定を行います。

カメラレンズとバックライトの間に遮蔽物がないことが必須になります。

測定事例5

動的接触角(前進角、後進角)測定事例

 

オプションであるオートディスペンサーを

用いれば、液を自動で吐出・吸引しながら

動的接触角(前進角、後進角)を測定することが可能です。


測定事例6

吸水性のある材質に対する時系列観測事例

使用機種:B100
使用機種:B100

 

 

接触角計B100を用いれば、

最大1秒当たり60コマの撮影が可能です。

吸水されていく過程の観察に用いることが可能です。



測定事例7

動的接触角(滑落角)測定事例

使用機種:B100W+TBUユニット
使用機種:B100W+TBUユニット

 

測定ステージとともに装置自体を傾斜させ、同時に着液した水滴の動的接触角を測定した事例です。 

操作は、解析ソフト側でクリックするだけで自動測定を行います。


測定事例8

表面張力の低い液での接触角測定

表面張力が低い液を使用すると、 針先の外周部に濡れ拡がってしまい、 の写真の事例のようにうまく液滴が作れない事があります (写真は、エタノールを使用)。

対策としては、フッ素コートされた太い針を使用する事で液滴を作成しやすくなります。

簡易な方法として、左写真のように針の先端に短く切ったテフロンチューブを取付ける事で代用も可能です。