海外向けレンタルについて

いつもお世話になっております。あすみ技研、濡れ性評価装置コラム担当のT.Sです。濡れ性評価装置に限ったことではないのですが、今回は弊社の装置レンタルサービスを海外でご利用される場合の注意事項について書かせていただこうと思います。よろしくお願いします。

既にご利用された御客様もいらっしゃるかもしれませんが、弊社では装置の販売だけでなくレンタルも行っております(全装置が対象ではないのですが)。レンタルをご利用いただく御客様の9割は日本国内の御客様なのですが、まれに・・・・

  • 海外の事業所にてテストで使いたいんですが・・・1週間後から。
  • 製品不良が発生したのでその原因を探るべく、すぐに装置が必要。長期レンタル希望

 

といったお問合せを頂戴することがあります。

国内だけでなく、国外からもこのようなお問合せを頂戴するのはとても嬉しく思います。とても嬉しいのですが国内利用とは違い、海外での御利用となりますと色々と手続きや約束事がございまして事務処理、やり取りが煩雑になりがちなのも事実ございます。

そこで今回は海外で弊社装置をレンタル利用する場合の注意事項・御連絡事項を簡単ではありますがご紹介させていただこうと思います。今後海外拠点での利用がありそうな御客様は是非参考にしてください。

注意点 其の一:原則として装置は国内受渡し

弊社のレンタルサービスは日本国内での受け渡しを原則としていまして、弊社による海外輸送などの代行手続きは行っておりません。大変恐縮ですが、御客様ご自身の責任において輸出入作業の程、よろしくお願い致します。又は海外輸出に習熟されている商社様を介してのお取引だとスムーズに事が運ぶかもしれません。

国内受け渡し画像
海外受け渡し画像

注意点 其の二:関税費用等のご負担のお願い

日本 ⇔ 海外の間の輸出入にともなう送料、関税等費用は御客様負担でお願い致します。

関税負担のお願いイラスト

注意点 其の三:安定した電圧の供給を

難しい場合については交流安定化電源装置等の導入をお願いします。電圧が安定していないと装置の故障につながる可能性があります。

※ 過去、修理代を請求させて頂いた事もございます。安定した電圧供給に御協力をよろしくお願い致します。

電話イラスト

注意点 其の四:輸出時の書類(インボイスや輸出許可証)には装置シリアルの記入を推奨

怠った場合、日本への返送時に輸入とみなされ、関税または消費税が課税される可能性もあります。当社でも装置のシリアルは出荷時に控えておりますが、よりスムーズにお手続きできますよう、事前にご記入お願います。

書類イラスト

注意点 其の五:リチウムイオン電池に注意

航空輸送の場合、リチウムイオン電池を搬送不可能のケースがあります。接触角計の場合、PCが附属する為、過去に問題になったケースがありました。この場合は事前に航空会社にご確認を推奨いたします。

リチウムイオンイラスト

注意点 其の六:木枠などでご返送

木枠などでご返送頂く場合、弊社では処分いたしかねます。ご了承ください。

木枠だめイラスト

注意点 其の七:

海外からのご返送は、想定以上の日数がかかる場合がございます。日数に余裕を持ってのご返却をお願い致します。事前に弊社担当営業にご相談いただけると助かります。

飛行機イラスト

その他、細かいところがあるかもしれませんが大きくはこんな感じでしょうか。書類の煩雑さもさることながら弊社からのお願い事もあり大変恐縮でございます。ですが弊社装置を海外で円滑にご利用いただくために必要なこととなりますので、ご理解願います。 

本コラムで書いていない部分もありますので、海外でのご利用をご検討されている御客様がいらっしゃいましたらまずは一度弊社まで御連絡いただければと思います。それでは今回も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

(T.S)